【徹底検証】効果がないと脱毛は継続できない!

MENU

脱毛の種類に年代性別は関係あるか

ミュゼ300円

脱毛をする上で気になる事は性別による種類があるかという事ではないのでしょうか。また年代によっても違いが出てくるわけで、そこで今回はこれと性別の関係を見ていこうと思います。まず、10代のお肌はとても不安定でしょう。

 

それは成長が著しく安定した体になっていない事がその根拠です。ですから当然新陳代謝がすごく、皮脂の分泌が大きくなります。ですから、下手に刺激をしないように毛抜きによる脱毛は控えるべきです。成長したてですから毛を抜こうと刺激をするとお肌を傷めて、将来に禍根を残す事になります。
ムダ毛が気になるならば、低刺激の脱毛クリームやワックスを活用して、消毒でばい菌を防ぎます。

 

そして20代になればお肌が安定しますから、ある程度の事が可能になります。とはいえ、毛穴にぶつぶつができやすい人は、施術の前に皮膚科の診断や治療を受けて、相談のうえでやりたいものです。そして男性を見てみますと、男性の毛穴は女性よりも大きい傾向にあります。ですから、施術を行っても女性よりも通院の回数が増える傾向にあります。

 

また、毛穴が広がりやすいので毛抜きの際にガムテープなどを使って行うと大きな肌荒れの原因になって、必要以上のトラブルに巻き込まれます。つまり、ローションを活用することによって、お肌を保護しながらやるといいでしょう。この様に年代層や性別によって種類や扱いは違います。そのうえで自分の肌質を考えて適切な種類を選びましょう。

 

お試しで脱毛するならミュゼ360円キャンペーンがおすすめです。

自分にあった脱毛法を選ぼう

ミュゼ300円

ムダ毛のお手入れは面倒なものです。手軽にできるものから、長い時間とお金をかけて行うものまで様々な種類があるので、どのような脱毛をしたいのか、自分にあった方法を選ぶことが大切です。手軽なものから挙げると、まずカミソリ(電気シェーバー)で剃るという方法があります。

痛みがなく、簡単にできるのが魅力です。

 

カミソリは数百円程度と安く、電気シェーバーは1万円程度します。手軽さは魅力ですが、せっかく剃っても1〜2日ですぐに生えてくるのがデメリットです。二つ目は毛抜きです。多少の痛みはありますが、慣れてくると快感に感じるという人もいます。毛抜きは高品質なもの(3000円程度)を選ぶと楽に抜くことができます。デメリットは時間がかかることや、毛穴が目立ってしまうことです。処理後のお肌のケアは欠かせません。三つ目はクリームです。クリームで毛を溶かします。手軽さと痛みがないのが魅力ですが、お肌が弱い方は避けた方が無難です。パッチテストも行うことをおすすめします。四つ目はワックスです。通常はエステやサロンで行いますが、自宅でも可能です。毛とワックスが接着させて毛を毛根から引き抜きます。激しい痛みが伴いますが、短い時間で全身のムダ毛を処理することができます。

 

五つ目は家庭用機器を使った方法です。永久脱毛効果は低いですが、自宅にいながらエステのような感覚でムダ毛を処理することができます。価格は3万円〜と高額です。本格的な永久脱毛を望むなら、エステやクリニックで光やレーザーを使った方法になります。費用は高額になりますが効果が高いのが魅力です。

痛くないのはどの脱毛方法?

初めてサロンで脱毛をしてもらう場合、一番気になるのは痛みなのではないでしょうか。痛かったらどうしようと思うと、サロンに行く勇気もなくなりそうです。痛みはかなり個人差があるため、他人が絶対大丈夫ということはできません。自分で体験するしかありませんが、あらかじめネットなどで口コミをチェックしておくと良いでしょう。

 

サロンの脱毛にはいくつかの種類があります。それぞれ痛みの度合いが違いますから、自分が許容できる痛みかどうかと効果で選んでみてはいかがでしょう。一番痛いと言われている方法がニードルです。ニードルは効果は抜群ですが、毛穴に針を刺し電気刺激で毛根を焼き切るため、かなり痛みが伴います。また、施術者の腕も問われます。

 

レーザーなら、ニードルより痛みませんが、ムダ毛が多く濃い場合は強い痛みを感じる方も多いようです。ただし、毛の量が少なくなるにしたがい、それほど痛まなくなります。一番痛みを感じない方法がフラッシュです。光をあてているかあてていない変わらないほど痛みが少なく、痛みに弱い方でも大丈夫です。

 

痛みの感じ方には個人差があるため、フラッシュでも痛いと感じる方はいます。しかし、多くの種類のなかで、もっとも痛みが少ない方法であることは確かです。ただ、痛みがないほど低出力で行うため、効果はそれほど高くありません。そのため、何度もサロンに通う必要があります。効果と痛み、どちらも気になるポイントです。自分にはどちらが良いのか、実際に体験してみるのが一番良さそうです。